拡大

あの頃の話と、あれからの話。

宝石商リチャード氏の謎鑑定

輝きのかけら

  • 610円+税
  • 2021年6月18日発売

川原結愛(ゆあ)は中学一年生だった。公立岡山南中学校に入学したばかりで、好きな給食はグリーンピースごはんで、好きな科目は理科だった。

岡山の中学校で教師として理科部顧問を務める谷本晶子と生徒の日常、ヴィンセント梁がリチャードを裏切りジェフリーと通じていた時代、正義とリチャードと下村の他愛ない日常、若きオナラブルとしての仮面のしたに鬱屈を抱えたジェフリーとヨアキムとの運命的で数奇な出会い……シリーズに登場した人物たち、それぞれの過去とその後を収めた珠玉の短編集!

著者プロフィール

辻村 七子

つじむら ななこ

9月24日生まれ。神奈川県出身。『時泥棒と椿姫の夢』で2014年度ロマン大賞受賞。受賞作を改題・加筆改稿した『螺旋時空のラビリンス』で文庫デビュー。

関連書籍

宝石商リチャード氏の謎鑑定 久遠の琥珀【アクリルスタンドつき限定版】※予約限定生産

「俺は宝石商にはなれないと思います」

辻村 七子

【単行本】宝石商リチャード氏の謎鑑定公式ファンブック エトランジェの宝石箱

ファン待望、公式ファンブック刊行!

辻村 七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 祝福のペリドット

宝石商リチャード氏の謎鑑定祝福のペリドット

「もっとうぬぼれていなさい、中田正義」

辻村 七子

201802マグナ・キヴィタス

マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年

「せめて血の色くらいは赤が良かったな」

辻村 七子

同じジャンルの本

辻村 七子