拡大

何も見えない毎日に、誰にも見えない君を見つけた

透明人間はキスをしない

  • 640円+税
  • 2021年3月19日発売

その冬、俺は風と出逢った。

将来に可能性が感じられず、自分が存在しないみたいに思えた高校三年生の冬。俺は風逢(ふわ)に出会った。冬の神戸、三宮。確かにそこにいるのに、俺以外には見えない透明人間。揺らぐ存在感の狭間で、自由に生きる風逢に惹かれた。……現れては消える少女に導かれるように、俺の人生は静かに動き出していく――。消えゆく君との出逢いから始まる、真冬の青春ストーリー!

著者プロフィール

猫田 佐文

ねこた さもん

兵庫県出身、在住。普段はひきこもって小説を書いているが、たまに訳の分からないやる気が出て自転車旅とかやり出す人。太宰先生に会うために青森の津軽まで走ったものの、あまりの寒さに泣きそうになり、秋田からフェリーで敗走した過去を持つ。

関連書籍

2020年1月刊_ひきこもりを家から出す方法

ひきこもりを家から出す方法

切なくも、やさしい「再生」の物語

猫田 佐文

同じジャンルの本

猫田 佐文