拡大

僕は、幽霊男爵(エリオットさま)の人形です――。ヴィクトリア朝ゴシック・ミステリー!

有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿 2

  • 590円+税
  • 2020年12月18日発売

どんな時代、どんな場所でも、人々の口に上る噂がある。

ヴィクトリア朝ロンドンで知らぬ人はいない心霊マニア、その名も“幽霊男爵”エリオット。今夜も死者のベルに誘われて墓地に足を踏み入れるのだが、そこにいたのは10年前にエリオットが恋した女性で……。幽霊男爵のもとにもクリスマスはやってくる。過去という名の亡霊を連れて――。若き日のエリオットと助手コニーに迫る、ゴシック・ミステリー待望の第2弾!!

著者プロフィール

栗原 ちひろ

くりはらちひろ

第3回角川ビーンズ小説大賞《優秀賞》受賞。2005年『オペラ・エテルニタ 世界は永遠を歌う』(KADOKAWA)でデビュー。「悪魔交渉人」シリーズ(KADOKAWA)、「死神執事のカーテンコール」シリーズ(小学館)など著書多数。最近欲しいものは、書庫と暖炉。バーの二階に住みたい。

関連書籍

有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿

ここで幽霊男爵のお出ましとしよう――。

栗原 ちひろ

同じジャンルの本

栗原 ちひろ