拡大

険しき道に、未来を見出す――

後宮の烏 5

  • 620円+税
  • 2020年12月18日発売

この秋、宮中は慶事に沸いた。

高峻は寿雪を救い出すため、もっとも険しい道を選び、進んでいく。この秋、宮中は慶事に沸いた。同じ頃、先の騒動の影響で夜明宮は、ひっそりと静まり返っていた……。烏妃はひとりで在るもの。先代、烏妃の戒めが、寿雪の胸を刺す。だが寿雪は、抱えたものを守り通すため、突きつけられた烏妃としての切ない運命(さだめ)に対峙することを決めて――。激動の第五弾!

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』『後宮の烏』シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

201804後宮の烏

後宮の烏(からす)

誰もが知る“彼女”の、誰も知らない正体。

白川 紺子

契約結婚2

契約結婚はじめました。2~椿屋敷の偽夫婦~

築六十余年の古屋敷が語る、ふんわりご近所事件簿

白川 紺子

契約結婚はじめました。 5~椿屋敷の偽夫婦~

ついに完結! 秋の椿屋敷、仲良し偽夫婦の出した答えは?

白川 紺子

201908月刊後宮の烏3

後宮の烏 3

真の“救い”は光であり、葛藤……歴史が再び動き出す――

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子