拡大

いつの時代も仕事も恋も悩ましい。平安お仕事絵巻!

平安あや解き草紙

~その姫、後宮にて宿敵を得る~

  • 570円+税
  • 2020年11月20日発売

大晦日までもう幾日もない師走の下旬。

皇統の奪還をもくろむ嵩那の叔母・入道の女宮の策略で、伊子と嵩那の関係が父顕充の知るところになった。伊子の懸念はそれだけはなく……。時は師走。大晦日から正月にかけて目白押しの儀式に伊子たちが忙殺されるなか、女宮が参内するという。警戒する伊子の目の前で、若き帝の皇統の不当を糾弾する声が家臣から上がり、くすぶっていた先帝への不満が爆発した――。

著者プロフィール

小田 菜摘

おだ なつみ

佐賀県在住。沖原朋美名義で2003年度ノベル大賞・読者大賞受賞。集英社オレンジ文庫に『君が香り、君が聴こえる』、『平安あや解き草紙』シリーズ、コバルト文庫に『そして花嫁は恋を知る』シリーズ、ビーズログ文庫に『革命は恋のはじまり』『なりゆき斎王の入内』シリーズなどがある。

関連書籍

2020年1月_平安あや解き草紙

平安あや解き草紙~その恋、人騒がせなことこの上なし~

若さと美しさは同じものではない。けれども――

小田 菜摘

君が香り、君が聴こえる

君が香り、君が聴こえる

こんなにせつない恋があるなんて。

小田 菜摘

201903月刊平安あや解き草子

平安あや解き草紙~その姫、後宮にて天職を知る~

婚期を逃した姫君が、何の因果か後宮へ…!

小田 菜摘

201908月刊平安あや解き草紙

平安あや解き草紙~その後宮、百花繚乱にて~

いつの時代も、はたらく女子は大変です。

小田 菜摘

同じジャンルの本

小田 菜摘