拡大

彼女はこのホテルに必要な人間だと思います。

ホテルクラシカル猫番館

横浜山手のパン職人 3

  • 590円+税
  • 2020年10月21日発売

『このたび、ついに念願のブーランジェリーを開くことになりました。オープンした暁には、ぜひ一度足を運んでいただけると嬉しく思います』

秋冬の繁忙期を迎えようとするホテル猫番館。専属のパン職人として、紗良は販売用の新作パンのアイディアを練っていた。猫番館ならではの要素を盛り込みたいのだが、なかなかうまくいかない。そんなある日、「自分は紗良よりもパン職人としての実力がある。自分と紗良を比較して、ふさわしいほうを選んでほしい」という人物が現れて……!? 猫番館に、予期せぬ波乱?

著者プロフィール

小湊 悠貴

こみなと ゆうき

神奈川県出身、在住。2013年ロマン大賞受賞。コバルト文庫に『十三番目の女神は還らない』『七番目の姫神は語らない』、集英社オレンジ文庫に『ゆきうさぎのお品書き』シリーズ、『ホテルクラシカル猫番館』シリーズがある。

関連書籍

ゆきうさぎのお品書き1

ゆきうさぎのお品書き6時20分の肉じゃが

あなたの食欲をそそる一品、ここにあります。

小湊 悠貴

201811ゆきうさぎのお品書き

ゆきうさぎのお品書き母と娘のちらし寿司

人生は悲喜こもごも。まずはご飯を召し上がれ。

小湊 悠貴

201809とっておきのおやつ。

とっておきのおやつ。5つのおやつアンソロジー

どこから読んでもおいしい“とっておきの物語”たち。

青木 祐子阿部 暁子久賀 理世小湊 悠貴椹野 道流

ゆきうさぎのお品書きあらたな季節の店開き

『俺は碧と家族になりたい』

小湊 悠貴

同じジャンルの本

小湊 悠貴