拡大

わたしたち、今日から家族です。

京都岡崎、月白さんとこ

人嫌いの絵師とふたりぼっちの姉妹

  • 620円+税
  • 2020年9月18日発売

十月の夕暮れが、桜紅葉が散るアスファルトに長い影をつくる。
京都の東、東山の麓に岡崎と呼ばれる地区があった。

父を亡くした女子高生の茜と妹のすみれは、日本画家の若き精鋭で親戚筋の久我青藍の住む、京都岡崎の「月白邸」と呼ばれる日本家屋に身を寄せることとなった。人間嫌いで変人と噂の青藍は、酒浸りの生活を送っており、茜たちに対する態度も剣呑としたものだった。戸惑いつつも茜は料理を青藍に振る舞うようになり・・・。月白邸に集う<色々>な人々の、じんわり優しい心の再生物語。

著者プロフィール

相川 真

あいかわ しん

4月17日生まれ。京都出身。第2回みらい文庫大賞優秀賞受賞。『ハロウィン★ナイト ウィッチ・ドールなんか大キライ!!』にてデビュー。既刊に『ハロウィン★ナイト』シリーズ、『青星学園★チームEYE-Sの事件ノート』シリーズ、『明治横浜れとろ奇譚』シリーズ、『君と星の話をしよう』、『京都伏見は水神さまのいたはるところ』シリーズがある。

関連書籍

2019年9月刊京都伏見は水神さまのいたはるところ3

京都伏見は水神さまのいたはるところ雨月の猫と夜明けの花蓮

京都を彩る花鳥猫。水にまつわるあやかし事鎮め、じんわり優しい3つの物語――!

相川 真

京都伏見は水神さまのいたはるところ綺羅星の恋心と旅立ちの春

別れの季節…惹かれ会う二人の選択は…!?

相川 真

201809京都伏見は水神さまのいたはるところ

京都伏見は水神さまのいたはるところ

いつもそこにいて守ってくれる……あなたは誰?

相川 真

明治横浜れとろ奇譚1

明治横浜れとろ奇譚堕落者たちと、ハリー彗星の夜

三人の堕落者たちの優雅(?)な怪奇事件帳

相川 真

同じジャンルの本

相川 真