拡大

掴むのは栄光の玉座か、惨めな死か。

九天に鹿を殺す

煋王朝八皇子奇計

  • 620円+税
  • 2020年8月20日発売

雪まじりの風がうらさびしげに咆哮する。

中原の覇者・煋王朝では、皇帝の崩御とともに、次代の玉座を巡り八人の皇子が争う「九天逐鹿」が幕を開ける。審判役である女帝の勅命のもと、蠱鬼を狩り、兄弟を陥れて、至尊の位にたどり着くのはただ一人。卑劣な奸計が蠢き、情を断ち切れぬ者から滅びていく。凄惨な戦いを潜り抜け、最後に笑うのは果たして誰なのか――。圧倒的な世界観で綴る、中華謀略譚。

著者プロフィール

はるおかりの

はるおかりの

熊本県出身。「三千寵愛在一身」で2010年度ロマン大賞を受賞し、同作でデビュー。華麗なる宮廷を舞台に繰り広げられる中華寵愛史伝『後宮染華伝』のほか、『ユーレイギフト』(オレンジ文庫・陽丘莉乃名義)、『後宮』シリーズ第1部、『A collection of love stories』シリーズ(コバルト文庫)など著書多数。

関連書籍

ユーレイギフト

ユーレイギフト二度目のさよなら、包みます

もう会えない、あなたへ――

はるおかりの

後宮染華伝黒の罪妃と紫の寵妃

愛と欲望渦巻く後宮で、生き抜いた女性たち。

はるおかりの

201901月刊秘密のチョコレート

秘密のチョコレートチョコレート小説アンソロジー

いちばん大事なこの思い、このひと粒に託して。

今野 緒雪岩本 薫我鳥 彩子はるおかりの櫻川 さなぎ

はるおかりの