拡大

法律の沙汰も金しだい!?

法律は嘘とお金の味方です。3

京都御所南、吾妻法律事務所の法廷日誌

  • 620円+税
  • 2020年8月20日発売

期末試験は憂鬱でも、短縮授業は嬉しいというのが普通の学生の感覚だろう。

剛胆かつ敏腕、そしてお金に汚い弁護士・吾妻正義の孫つぐみは、嘘をついている人の顔が歪んで見える特殊な能力を持つ女子高生。正義の許に来る依頼は難物ばかり。”勝手に婚姻届を出された男とその婚約者を巡る偽装結婚疑惑”、”偏屈な老人と母子家庭の間に起きたご近所騒音問題”、そして、放火犯へ執拗につきまとう記者の名誉毀損問題は、草司の過去にも絡んできて…?

著者プロフィール

永瀬 さらさ

ながせ さらさ

5月26日生まれ、京都市在住。第11回角川ビーンズ小説大賞奨励賞&読者賞受賞、『精霊歌士と夢見る野菜』にて作家デビュー。集英社オレンジ文庫に『法律は嘘とお金の味方です。』シリーズ、『鬼恋語リ』がある。

関連書籍

201807法律は嘘とお金の味方です。

法律は嘘とお金の味方です。京都御所南、吾妻法律事務所の法廷日誌

“嘘”に隠れた真実と法と人情で暴き出す!

永瀬 さらさ

201908月刊法律は嘘とお金の味方です。2 

法律は嘘とお金の味方です。 2京都御所南、吾妻法律事務所の法廷日誌

依頼の数だけ嘘がある。

永瀬 さらさ

2020年2月_鬼恋語リ

鬼恋語リ

鬼と人間の対立を巡る、恋と陰謀の和風幻想譚。

永瀬 さらさ

同じジャンルの本

永瀬 さらさ