拡大

ずっと一緒にいたい…ただそれだけなのに…!

京都伏見は水神さまのいたはるところ

花舞う離宮と風薫る青葉

  • 590円+税
  • 2020年5月20日発売

京都の冬は底冷えと言われる。地の底からの凍り付くような冷気で、朝は肌がひりつくほどに寒い。

もうすぐ受験生となるひろ。京都の大学に進学して、祖母の神社を手伝いたいと思い始めていたが、母が猛反対している。そんな折、拓己が高校時代所属していた剣道部のマネージャー、昴が拓己を訪ねてくる。昴は拓己の彼女だったというのだが? 進路で悩むひろと拓己の前に、あやかし事件はひきもきらず…。季節のページがめくられるごとに二人の想いは高まって…!

著者プロフィール

相川 真

あいかわ しん

4月17日生まれ。京都出身。第2回みらい文庫大賞優秀賞受賞。『ハロウィン★ナイト ウィッチ・ドールなんか大キライ!!』にてデビュー。既刊に『ハロウィン★ナイト』シリーズ、『青星学園★チームEYE-Sの事件ノート』シリーズ、『明治横浜れとろ奇譚』シリーズ、『君と星の話をしよう』がある。

関連書籍

君と星の話をしよう

君と星の話をしよう降織天文館とオリオン座の少年

君は、ここで星を好きになる運命なのです。

相川 真

明治横浜れとろ奇譚2

明治横浜れとろ奇譚堕落者たちと、開かずの間の少女

三人の堕落者たち、女学生を救わんと奔走す。

相川 真

201903月刊水神さまのいたはるところ_2

京都伏見は水神さまのいたはるところ花ふる山と月待ちの君

過保護な水神さまと幼馴染に挟まれて、京都あやかし事鎮め、春の巻――!

相川 真

明治横浜れとろ奇譚1

明治横浜れとろ奇譚堕落者たちと、ハリー彗星の夜

三人の堕落者たちの優雅(?)な怪奇事件帳

相川 真

同じジャンルの本

相川 真