拡大

痛いほどに切ない、七日間の恋。

線香花火のような恋だった

  • 550円+税
  • 2020年2月20日発売

死の香りは、キンモクセイに似ている。

高1の三倉雅時は、人が死ぬ一週間前から“死”の香りを嗅ぐことができる。大事な人達を失ってきたことで「自分が関わると人が死ぬ」と思い込んでいた。そんな彼の前に、無邪気なクラスメイト・陽斗美が現れる。彼女と関わるうちに心を開いていく雅時。ある日、陽斗美から死の香りがすることに気づく。「三倉くんは死神なんかじゃない。私が証明する」と言われるが!?

著者プロフィール

櫻井 千姫

さくらい ちひめ

東京都在住。著書に、『天国までの49日間』『70年分の夏を君に捧ぐ』『100回目の空の下、君とあの海で』『八番目の花が咲くときに』(すべてスターツ出版)など。生きることの尊さと儚さ、壮絶さを描いた作品が人気。

同じジャンルの本

櫻井 千姫