拡大

死神にスカウトされた。そしてノルマが課せられた。

死神のノルマ

  • 620円+税
  • 2020年2月20日発売

雲間から西日が差し込む。まぶしさに目がくらみ立ち止まると、前を歩いていた母が啓を振り返った。

“死神の下請け”と名乗る少年ケイと出会った女子大生の響希。彼は未練を抱えこの世に残る「死者」をあの世へと送る存在で、ノルマがあるらしい。響希は早世した初恋の人の霊を探すため、ケイを手伝うことにしたのだが……。成仏できずにいる死者の本当の「願い」、そしてケイが死神となった理由とは。不器用な人々が織りなす、温かくて切ないさよならの物語。

著者プロフィール

宮田 光

みやた ひかる

栃木県生まれ。第4回富士見ラノベ文芸大賞審査員特別賞を受賞し、『まぼろしメゾンの大家さん あやかし新生活はじめました』(富士見L文庫)でデビュー。他の著書に「死神のノルマ」シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『四つ葉通りには秘密がある』(富士見L文庫)がある。

関連書籍

死神のノルマ二つの水風船とひとりぼっちの祈り

切ない祈りと温かい別れに、あなたはきっと涙する――。

宮田 光

同じジャンルの本

宮田 光