拡大

国が、民が、雪媛に惑わされていく…!

威風堂々惡女 3

  • 610円+税
  • 2020年1月17日発売

穆潼雲は、目の前に置かれた王青嘉の首をじっと見つめた。

皇帝・碧成との間に唯一子をなし、後宮で威勢を誇った寵姫・芙蓉に皇后暗殺の濡れ衣を着せ、追い落とした雪媛。しかし芙蓉は、幼い頃から自らに慕い付き従う潼雲を使い、雪媛を陥れようと画策し始めた。潼雲が雪媛の護衛として任じられると、未来の記憶を持つ青嘉は警戒を強める。そして雪媛が寵を得たことで増長した尹族の横暴は、雪媛への悪評となりはじめ……?

著者プロフィール

白洲 梓

しらす あずさ

宮城県出身、東京都在住。B型。『最後の王妃』で2015年ノベル大賞受賞。受賞作以外に『暁の王女』『煌翼の姫君』(ともにコバルト文庫)、『九十九館で真夜中のお茶会を』(集英社オレンジ文庫)がある。

関連書籍

201810威風堂々惡女

威風堂々惡女

偉大な為政者か、それとも無慈悲な復讐者か――。

白洲 梓

201803_九十九館で

九十九館で真夜中のお茶会を屋根裏の訪問者

「おやすみ、つぐみ。――また、夜に」

白洲 梓

201906月刊威風堂々惡女

威風堂々惡女 2

惡女の悲願を阻むのもまた、惡女。

白洲 梓

威風堂々惡女 4

誰も知らない“歴史”が始まる――。

白洲 梓

同じジャンルの本

白洲 梓