拡大

ドイツの田舎町で出会った日本人修道女の正体は……?

吸血鬼に鐘は鳴る

  • 510円+税
  • 2019年7月19日発売

鐘が鳴っている。

クロロックの海外出張のお供でドイツにやってきたエリカ、 二人は取引先の工房で、美しい日本人修道女と出逢った。 しかも彼女はスキャンダルで姿を消した元有名女優!? 日本語が通じない田舎町に彼女が暮らす理由とは…。表題作ほか、2編を収録。

著者プロフィール

赤川 次郎

あかがわ じろう

1948年福岡県生まれ。魚座。A型。1976年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。「吸血鬼はお年ごろ」シリーズほか、著書多数。2006年第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年、吉川英治文学賞受賞。趣味は映画、クラシック音楽鑑賞。

関連書籍

201807吸血鬼と伝説の名舞台

吸血鬼と伝説の名舞台

大御所女優の後継者に迫る不穏な影!

赤川 次郎

天使と歌う吸血鬼

天使と歌う吸血鬼

天使の歌声を巡り、事件が……!?

赤川 次郎

吸血鬼は初恋の味

吸血鬼は初恋の味

結婚式、祝う者あれば、呪う者あり・・・!?

赤川 次郎

吸血鬼の誕生祝

吸血鬼の誕生祝

暴力の連鎖に吸血鬼父娘が挑む!

赤川 次郎

同じジャンルの本

赤川 次郎