拡大

ほんわかワケあり婚に、変化のとき――⁉︎

契約結婚はじめました。4

~椿屋敷の偽夫婦~

  • 550円+税
  • 2019年2月20日発売

夏と冬、どちらがつらいかと訊かれることがあるなら、私はどちらも相応につらい、と答えるだろう。

<椿屋敷>と呼ばれる一軒家に住む香澄と柊一は、ワケあって結婚した、仲良しだけど“偽夫婦”だ。しかし最近ますます、偽とも言い切れない感情が育まれているような。町の相談役である柊一のもとには今日も今日とて客人が絶えない。夕立のたび夏椿をもらいに現れる老婦人。柊一、担当編集・二本松、晶紀、男三人の一夜……。緑深まる夏の椿屋敷が見守る、第4巻。

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』『後宮の烏』シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

下鴨アンティーク201712

下鴨アンティーク白鳥と紫式部

アンティーク・ミステリー、ついにクライマックス!

白川 紺子

新釈 グリム童話

新釈 グリム童話―めでたし、めでたし?―

おとぎ話の扉を開けるのは、あなたです。

谷 瑞恵白川 紺子響野 夏菜松田 志乃ぶ希多 美咲一原 みう

201806契約結婚はじめました。3

契約結婚はじめました。3~椿屋敷の偽夫婦~

椿屋敷、まさかの三角関係、勃発か……?

白川 紺子

201812月刊後宮の烏

後宮の烏(からす) 2

シリーズ累計15万部突破! 烏妃がおそれる“梟”とは--?

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子