拡大

生には死を。死には生を。……“愛してる”

君が死ぬ未来がくるなら、何度でも

  • 590円+税
  • 2018年5月18日発売

長い夢を見ていた気がした。
そう、その日もいつものように私は目覚めた。

幼なじみの高遠原櫂から急に呼び出された時計紡は、おメダイを渡される。「今朝、おまえに渡さなきゃいけないんだ」それが唯一の違和感、いつも通りみたいな朝。櫂の妹、暖と戯れ笑いながら登校したのに、暖は死んだ--。屋上から飛び降りたのだ。受け入れ難い思いで願った紡は……!? 運命の朝は繰り返される。死ぬ未来を死なない未来に変えたいなら。奇跡の恋物語!

著者プロフィール

茅野 実柚

かやの みゆ

東京都出身。miyu名義に『虹のように消えてゆく』『天使のように舞い降りる』『さよならは時に雨と同じ』など著書多数。透明感のある詩的な世界観で、10代読者に圧倒的支持を得ている。

同じジャンルの本

茅野 実柚