拡大

いつかは、好きになるかもしれない。

鍵屋の隣の和菓子屋さん

つつじ和菓子本舗のつれづれ

  • 550円+税
  • 2018年4月20日発売

花城駅から徒歩五分、通行量の多い大通りにその店はあった。

多喜次は兄が営む『鍵屋甘味処改』のお隣、『つつじ和菓子本舗』の看板娘・祐雨子に絶賛片想い中。祐雨子と兄は幼なじみで、彼女はかつて兄に恋をしていた。少しでも自分を見てほしいとプロポーズした結果、答えは保留。断られたわけではないし、諦めるつもりはな い。そして高校卒業後は『つつじ和菓子本舗』へ住み込み、和菓子職人として修業の日々が始まるが…?

著者プロフィール

梨沙

りさ

1月13日生まれ。2004年にWebサイト「小部屋の小窓」を開設。同サイトで連載していた『華鬼』が書籍化されデビュー。コバルト文庫に『レドラナール恋物語蜜色の花園』『世界螺旋―佐能探偵事務所の業務日記―』、オレンジ文庫に『鍵屋甘味処改』シリーズ、『神隠しの森 とある男子高校生、夏の記憶』、『木津音紅葉はあきらめない』がある。

関連書籍

木津音紅葉(きづねくれは)はあきらめない

木津音紅葉(きづねくれは)はあきらめない

私の報復につきあいなさい。

梨沙

鍵屋甘味処改3

鍵屋甘味処改3子猫の恋わずらい

"鍵"を開ける"カギ"は、誰かを想う気持ち。

梨沙

鍵屋甘味処改4

鍵屋甘味処改4夏色子猫と和菓子乙女

その鍵を開けられるのは、ただひとりだけ。

梨沙

鍵屋甘味処改2

鍵屋甘味処改2猫と宝箱

しまいこまれた心は、鍵が開くのを待っている――。

梨沙

同じジャンルの本

梨沙