拡大

「美味しい」と笑う、あなたのその笑顔が見たいから。

ゆきうさぎのお品書き

祝い膳には天ぷらを

  • 550円+税
  • 2017年12月14日発売

十二月一日、零時三分。
小料理屋「ゆきうぎ」のバイトを終えた玉木碧は、いつものように自宅をめざして愛用の自転車を漕いでいた。

昼間のパート募集を始めた小料理屋「ゆきうさぎ」。応募してきたのは、夫と別居し、ひとり息子と実家に身を寄せているというわけありの主婦で……? 大樹に憧れる少女の出現により、碧との関係にもついに変化が……!? 母想いの少年を励ます親子丼、仲良し女子高生が食べる味噌グラタン、働くおひとりさまにエールを送るビーフシチューなどなど、ご用意しています!

著者プロフィール

小湊 悠貴

こみなと ゆうき

神奈川県出身、在住。2013年ロマン大賞受賞。コバルト文庫に『十三番目の女神は還らない』『七番目の姫神は語らない』、集英社オレンジ文庫に『ゆきうさぎのお品書き』シリーズ、『ホテルクラシカル猫番館』シリーズがある。

関連書籍

201906月刊ゆきうさぎのお品書き白雪姫の焼きりんご

ゆきうさぎのお品書き白雪姫の焼きりんご

順風満帆の日々に、珍しいお客様が…??

小湊 悠貴

ゆきうさぎのお品書きあらたな季節の店開き

『俺は碧と家族になりたい』

小湊 悠貴

201811ゆきうさぎのお品書き

ゆきうさぎのお品書き母と娘のちらし寿司

人生は悲喜こもごも。まずはご飯を召し上がれ。

小湊 悠貴

ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒

ゆきうさぎのお品書き熱々おでんと雪見酒

あの日の“おいしい”を、今日のあなたと。

小湊 悠貴

同じジャンルの本

小湊 悠貴