拡大

父を捜す新米家政婦と、蔵元一家の日常ドラマ

家政婦ですがなにか?

蔵元・和泉家のお手伝い日誌

  • 560円+税
  • 2017年08月22日発売

二年前に亡くなった母の形見は、空の一升瓶だった。

短大卒業後、母の遺言で蔵元・和泉家の家政婦として働くことになったみやび。それには、父を捜す目的もあった。天涯孤独となったみやびは父を知らない。母の形見である〈鳳〉の一升瓶が、父を知る唯一の手がかり。そして、〈鳳〉の蔵元は和泉酒造であり、母もかつて和泉家で働いていたのだ――。初出勤の日、みやびを迎えたのは、クセモノばかりの四兄弟で…?

著者プロフィール

高山 ちあき

たかやま ちあき

12月25日生まれ。B型。 2009年度ノベル大賞読者大賞を受賞。

関連書籍

かぐら文具店の不可思議な日常

かぐら文具店の不可思議な日常

ミステリアス青年×ワケあり女子の、ちょっと奇妙な物語。

高山 ちあき

同じジャンルの本

高山 ちあき