拡大

「もっとうぬぼれていなさい、中田正義」

宝石商リチャード氏の謎鑑定

祝福のペリドット

  • 590円+税
  • 2017年8月22日発売

新学期の学校は面白い場所だ。何百回と通ったお馴染みの施設に、知らない新入生がわんさといて、今まですれ違っていたはずの四年生はもういないのだ。

リチャードが抱えていたトラブルも一段落し、帰国した正義とリチャード。正義は大学三年生となり、周囲ではそろそろ就職活動が本格化し始めていた。そんなある日、銀座のエトランジェを常連客の乙村が訪れた。乙村は、片想いしていた女性からもらったという桜色のカメオをリチャードと正義に見せる。そして、そのカメオの謎を解いてみないか、と言い出して……? ジュエル・ミステリー第5弾!

特集ページ公開中!

 

宝石商リチャード氏の謎鑑定特集

著者プロフィール

辻村 七子

つじむら ななこ

9月24日生まれ。神奈川県出身。『時泥棒と椿姫の夢』で2014年度ロマン大賞受賞。受賞作を改題・加筆改稿した『螺旋時空のラビリンス』で文庫デビュー。

関連書籍

201806宝石商リチャード氏

宝石商リチャード氏の謎鑑定紅宝石(ルビー)の女王と裏切りの海

「リチャードをたすけて」。正義のもとに届いたメールの意味は!?

辻村 七子

201801宝石商リチャード氏

宝石商リチャード氏の謎鑑定転生のタンザナイト

逃げられない闇が、正義を蝕む…! ジュエルミステリー、第一部完!!

辻村 七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ

宝石商リチャード氏の謎鑑定導きのラピスラズリ

それは「愛」なのか、「呪い」なのか--。

辻村 七子

201802マグナ・キヴィタス

マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年

「せめて血の色くらいは赤が良かったな」

辻村 七子

同じジャンルの本

辻村 七子