拡大

大事な人の、おいしい顔は、うれしい。

ゆきうさぎのお品書き

親子のための鯛茶漬け

  • 550円+税
  • 2017年7月20日発売

八月一日、午前八時三十分。
盛夏を迎え、今日も朝から気温が高い。ミンミンゼミも力いっぱい鳴いている。
その日、雪村大樹はいつものように、起き抜けのシャワーを浴びていた。

小料理屋「ゆきうさぎ」でアルバイトを続ける碧は、大学の友人の玲沙から、母親の再婚相手のことがわからず悩んでいると相談を受けた。弟から聞いたのと実際に会ったのとで、様子が違ったのだ。碧は「ゆきうさぎ」につれてきたらどうかと提案するが? 表題作に加え、決断を助けるアイスクリーム、縁を結ぶ肉だんご、懐かしの茶碗蒸し……などをご用意しています。

著者プロフィール

小湊 悠貴

こみなと ゆうき

神奈川県出身、在住。2013年ロマン大賞受賞。コバルト文庫に『十三番目の女神は還らない』『七番目の姫神は語らない』、集英社オレンジ文庫に『ゆきうさぎのお品書き』シリーズ、『ホテルクラシカル猫番館』シリーズがある。

関連書籍

ゆきうさぎのお品書きあらたな季節の店開き

『俺は碧と家族になりたい』

小湊 悠貴

2020年1月_ゆきうさぎのお品書き

ゆきうさぎのお品書き風花舞う日にみぞれ鍋

おいしい料理と人がつなぐ心温まる物語、佳境へ…!

小湊 悠貴

2019年12月ホテルクラシカル猫番館2

ホテルクラシカル猫番館横浜山手のパン職人 2

噛みしめるのはパンのおいしさだけじゃない。

小湊 悠貴

201809とっておきのおやつ。

とっておきのおやつ。5つのおやつアンソロジー

どこから読んでもおいしい“とっておきの物語”たち。

青木 祐子阿部 暁子久賀 理世小湊 悠貴椹野 道流

同じジャンルの本

小湊 悠貴