拡大

冬の鎌倉。温もりの「香り」ミステリー

鎌倉香房メモリーズ4

  • 590円+税
  • 2016年10月20日発売

青い顔で階段を駆け上がってきた雪弥さんの姿を、今もはっきりと覚えている。

花月香房からも、香乃の前からも姿を消してしまった雪弥。雪弥の気持ちを想像し、積極的に動くことも出来ずに落ち込む香乃だったけれど、雪弥の行動には、彼の過去が影を落としていることを知り!?

著者プロフィール

阿部 暁子

あべ あきこ

岩手県出身。『陸の魚』で雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選。『いつまでも』で2008年度ロマン大賞受賞。集英社オレンジ文庫に『鎌倉香房メモリーズ』シリーズ(全5冊)、コバルト文庫に『屋上ボーイズ』(『いつまでも』改題)、ノベライズ『ストロボ・エッジ』『アオハライド』シリーズがある。

関連書籍

鎌倉香房メモリーズ5

鎌倉香房メモリーズ5

想いめぐる「香り」ミステリー、完結。

阿部 暁子

鎌倉香房メモリーズ1

鎌倉香房メモリーズ

心を読み解く、あの日の香りミステリー

阿部 暁子

どこよりも遠い場所にいる君へ

どこよりも遠い場所にいる君へ

切なく爽やかなBoy meets Girl!

阿部 暁子

鎌倉香房メモリーズ3

鎌倉香房メモリーズ3

季節は巡り――想い深まる「香り」ミステリー

阿部 暁子

同じジャンルの本

阿部 暁子