拡大

同居人は、星マニアな謎の男・・・!?

函館天球珈琲館

無愛想な店主は店をあけない

  • 570円+税
  • 2016年03月18日発売

ナメていた。と桜井真緒は思った。何をかといえば、北海道の気候である。

北海道新幹線が開通する直前のある日、奔放すぎる母親のせいで横浜から函館に単身移り住むことになった女子高生・真緒。遠縁の大伯父が住む函館山の洋館「遠野邸」に向かうのだが、そこにいたのは不審すぎる若い男だった。謎を抱えたままその無口な男と同居生活を始めた真緒だったが、「遠野邸」がかつて伝説の珈琲を出す喫茶店で、今はほとんど店をあけていないと知り・・・!?

著者プロフィール

相羽 鈴

あいば りん

7月25日生まれ、獅子座。O型。新潟県生まれ、北海道在住。『1000キロくらいじゃ、涙は死なない』で2007年度ノベル大賞受賞。

同じジャンルの本

相羽 鈴