オレンジ文庫

毎月20日ごろ発売

店主オレンジのつぶやき MenuClose
solty

女刑事アリスが追う、放火犯の正体は――?

ソルティ・ブラッド

―狭間の火―

  • 著者 毛利 志生子
  • 装画 田倉 トヲル
  • 本体590円+税

2015年4月17日発売

車から降りた瞬間に、強い寒気を感じ、アリスは小さく身を震わせた。

京都府警察本部の刑事課に所属する新人キャリアの宇佐木アリスは、相棒兼指導役の片平とともに、啓明芸術大学で起きた放火事件の捜査を担当することになった。現場は大学で講師をしている新進気鋭の彫刻家、鏑木成人の机。規模も被害も小さい事件で、疑わしい人物はいるが、確証は得られない。関係者の証言を集めるうち、“吸血鬼”と呼ばれる存在が姿を現し……。

毛利 志生子もうり しうこ

11月7日生まれ。蠍座、O型。広島県在住。『カナリア・ファイル~金蚕蠱~』で1997年度ロマン大賞受賞。『外法師』シリーズ、『風の王国』シリーズ(ともにコバルト文庫)他、著書多数。