拡大

「もぐもぐ」して「もふもふ」な毎日……!

ハケン飯友

僕と猫の、食べて喋って笑う日々

  • 580円+税
  • 2021年11月19日発売

「よっ……と」
 慎重にフライ返しを差し入れ、ホットプレートでジワジワと焼けていく生地を一枚、また一枚と引っ繰り返す。

茶房「山猫軒」の雇われ店長である坂井のごはん友達、猫はとても愉快な青年だ。夜な夜なごはんの時間にやってくる彼は、美味しいものが大好き。動きは猫のようだし、喋り方もどこか時代がかっている、そんな彼の正体は実は神社の猫。坂井が以前働いていた会社の社長が夜逃げをし失業した時に、「仕事が見つかりますように。そして、ごはんを一緒に食べる気楽な友達ができますように」と神社でお参りしたところ、神さまからハケンされてきた青年の正体が、実は猫なのだ。そんな気のおけない友人「猫」と、「山猫軒」のオーナー沖守さん、そして宮司でパン屋・猪田と坂井の、美味しくて、ほっとできて、思わず笑ってしまう春夏秋冬…!

著者プロフィール

椹野 道流

ふしの みちる

2月25日生まれ。四緑木星・魚座のO型。兵庫県在住。元監察医。「奇談シリーズ」「鬼籍通覧シリーズ」(講談社)ほか、「メス花シリーズ」(二見書房)、「ローウェル骨董店の事件簿シリーズ」、「最後の晩ごはんシリーズ」(KADOKAWA)など著作多数。

関連書籍

ハケン飯友僕と猫のごはん歳時記

君さえいれば、毎日がごちそう日和

椹野 道流

201906月刊時をかける眼鏡8

時をかける眼鏡魔術師の金言と眼鏡の決意

「お前は、この世界に存在を許されし者だ。今はな」

椹野 道流

時をかける眼鏡1

時をかける眼鏡医学生と、王の死の謎

法医学者がリアルな知識で描くタイムスリップ法医学ミステリー

椹野 道流

猫だまりの日々201712

猫だまりの日々猫小説アンソロジー

人生は、悲喜もふもふ。

谷 瑞恵椹野 道流真堂 樹梨沙一穂 ミチ

同じジャンルの本

椹野 道流