拡大

「いろいろ」家族の京都じんわりほっこり物語……!

京都岡崎、月白さんとこ

迷子の子猫と雪月花

  • 620円+税
  • 2021年6月18日発売

京都、東山のふもとに、岡崎という場所がある。

身よりのない茜とすみれの姉妹が京都岡崎の「月白邸」に暮らしはじめてはや2ヵ月。屋敷の主人と人嫌いと噂される若き天才画家・青藍はいつのまにか、すみれに叩き起こされ、茜の作る朝ご飯で一日を始める毎日を送るようになっていた。そんなある日、屋敷の元主、月白さん愛用の酒器が見つかって…。京都の美しい季節と人の〈色〉と〈色〉が織りなす優しい再生物語!

著者プロフィール

相川 真

あいかわ しん

4月17日生まれ。京都出身。第2回みらい文庫大賞優秀賞受賞。『ハロウィン★ナイト ウィッチ・ドールなんか大キライ!!』にてデビュー。既刊に「ハロウィン★ナイト」シリーズ、「青星学園★チームEYE-Sの事件ノート」シリーズ、「明治横浜れとろ奇譚」シリーズ、『君と星の話をしよう』、「京都伏見は水神さまのいたはるところ」シリーズがある。

関連書籍

201903月刊水神さまのいたはるところ_2

京都伏見は水神さまのいたはるところ花ふる山と月待ちの君

過保護な水神さまと幼馴染に挟まれて、京都あやかし事鎮め、春の巻――!

相川 真

京都伏見は水神さまのいたはるところ花舞う離宮と風薫る青葉

ずっと一緒にいたい…ただそれだけなのに…!

相川 真

201902美酒処ほろよい亭

美酒処 ほろよい亭日本酒小説アンソロジー

人生の酸いも甘いも、すべて醸して美味しくのもう。

前田 珠子桑原 水菜響野 夏菜山本 瑤丸木 文華相川 真

明治横浜れとろ奇譚2

明治横浜れとろ奇譚堕落者たちと、開かずの間の少女

三人の堕落者たち、女学生を救わんと奔走す。

相川 真

同じジャンルの本

相川 真