拡大

「私が絶対に、守る。お母様も、丹子も――皆を」

威風堂々惡女 6

  • 620円+税
  • 2021年5月20日発売

目が覚めるより先に、焦げ臭い匂いが鼻を掠めた。

謀略に破れ流罪に処された雪媛は、もともとは未来で死んだ玉瑛という名の奴婢の少女だった。自身が過去に生きた“雪媛”という人物になっていると知った玉瑛の混乱は激しく、当初は食事すらままならないものだった。心に傷を負う奴婢でしかなかった少女が、どうして稀代の惡女になれたのか。いかに決意したのか。絶望的状況から立ち上がる“雪媛”はじまりの物語!

著者プロフィール

白洲 梓

しらす あずさ

宮城県出身、東京都在住。B型。『最後の王妃』で2015年ノベル大賞受賞。受賞作以外に『暁の王女』『煌翼の姫君』(ともにコバルト文庫)、『九十九館で真夜中のお茶会を』『威風堂々惡女』シリーズ(集英社オレンジ文庫)がある。

関連書籍

201906月刊威風堂々惡女

威風堂々惡女 2

惡女の悲願を阻むのもまた、惡女。

白洲 梓

威風堂々惡女 9

つかの間の安息は、激動への序章か——。

白洲 梓

201803_九十九館で

九十九館で真夜中のお茶会を屋根裏の訪問者

「おやすみ、つぐみ。――また、夜に」

白洲 梓

威風堂々惡女 8

“神女”を求め、思惑が交錯する。

白洲 梓

同じジャンルの本

白洲 梓