拡大

『俺は碧と家族になりたい』

ゆきうさぎのお品書き

あらたな季節の店開き

  • 620円+税
  • 2020年6月19日発売

東京都の西側―――旧くは武蔵野、現在は多摩地区とも呼ばれている場所。

3月30日、碧の「ゆきうさぎ」アルバイト最終日。開店の暖簾をかかげると、看板娘の“卒業”を知った常連客たちが次々とやって来た。その中にはあの人の姿も!? ――3年後の3月。碧と大樹は一緒につくったお弁当を手にお花見に出かける。咲き誇る桜の下で、大樹は碧に大事な言葉を告げて……。小料理屋が舞台のハートウォーミングストーリー、大団円の最終巻!

著者プロフィール

小湊 悠貴

こみなと ゆうき

神奈川県出身、在住。2013年ロマン大賞受賞。コバルト文庫に『十三番目の女神は還らない』『七番目の姫神は語らない』、集英社オレンジ文庫に『ゆきうさぎのお品書き』シリーズ、『ホテルクラシカル猫番館』シリーズがある。

関連書籍

201809とっておきのおやつ。

とっておきのおやつ。5つのおやつアンソロジー

どこから読んでもおいしい“とっておきの物語”たち。

青木 祐子阿部 暁子久賀 理世小湊 悠貴椹野 道流

ゆきうさぎのお品書き 8月花火と氷いちご

ゆきうさぎのお品書き8月花火と氷いちご

本日、裏メニューもありますよ!

小湊 悠貴

2020年1月_ゆきうさぎのお品書き

ゆきうさぎのお品書き風花舞う日にみぞれ鍋

おいしい料理と人がつなぐ心温まる物語、佳境へ…!

小湊 悠貴

ゆきうさぎのお品書き 親子のための鯛茶漬け

ゆきうさぎのお品書き親子のための鯛茶漬け

大事な人の、おいしい顔は、うれしい。

小湊 悠貴

同じジャンルの本

小湊 悠貴