拡大

「俺は宝石商にはなれないと思います」

宝石商リチャード氏の謎鑑定

久遠の琥珀

  • 620円+税
  • 2020年6月19日発売

彼は覚えているだろうか。

富豪の少女オクタヴィアに、スリランカ随一の山岳リゾート地ヌワラエリヤのホテルへと呼び出された正義とリチャード。そこで待っていたのは、オクタヴィアとヴィンセントだった。ジェフリー、ヘンリーとも合流し、一行は力を尽くす。リチャードを何度も妨害してきたオクタヴィアの目的とは何だったのか。そして正義とリチャードの関係の行方は? 第二部、完結!

著者プロフィール

辻村 七子

つじむら ななこ

9月24日生まれ。神奈川県出身。『時泥棒と椿姫の夢』で2014年度ロマン大賞受賞。受賞作を改題・加筆改稿した『螺旋時空のラビリンス』で文庫デビュー。

関連書籍

あいのかたちマグナ・キヴィタス

「僕は誰かに『人殺し』って言ってほしかった」

辻村 七子

【単行本】宝石商リチャード氏の謎鑑定公式ファンブック エトランジェの宝石箱

ファン待望、公式ファンブック刊行!

辻村 七子

201806宝石商リチャード氏

宝石商リチャード氏の謎鑑定紅宝石(ルビー)の女王と裏切りの海

「リチャードをたすけて」。正義のもとに届いたメールの意味は!?

辻村 七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 祝福のペリドット

宝石商リチャード氏の謎鑑定祝福のペリドット

「もっとうぬぼれていなさい、中田正義」

辻村 七子

同じジャンルの本

辻村 七子