拡大

鬼と人間の対立を巡る、恋と陰謀の和風幻想譚。

鬼恋語リ

  • 590円+税
  • 2020年2月20日発売

花嫁の出立は夜明け前だった。

泥沼化した鬼と人間の争いに終止符を打つため、戦の最前線を担った椿ノ郷の郷長の妹・冬霞は、兄を討った鬼の頭領・緋天へ嫁ぐことに。兄は以前、「自分の首を取る者がいたら、それは親友だ」と語っていた。その死になにか秘密があると感じた冬霞は、自分がしあわせになるためにも真相を探るべく奔走する。少しずつ真相へ近づく中、冬霞は緋天の心に触れ――?

著者プロフィール

永瀬 さらさ

ながせ さらさ

5月26日生まれ、京都市在住。第11回角川ビーンズ小説大賞奨励賞&読者賞受賞、『精霊歌士と夢見る野菜』にて作家デビュー。集英社オレンジ文庫に『法律は嘘とお金の味方です。』シリーズ、『鬼恋語リ』がある。

関連書籍

201908月刊法律は嘘とお金の味方です。2 

法律は嘘とお金の味方です。 2京都御所南、吾妻法律事務所の法廷日誌

依頼の数だけ嘘がある。

永瀬 さらさ

201807法律は嘘とお金の味方です。

法律は嘘とお金の味方です。京都御所南、吾妻法律事務所の法廷日誌

“嘘”に隠れた真実と法と人情で暴き出す!

永瀬 さらさ

法律は嘘とお金の味方です。3京都御所南、吾妻法律事務所の法廷日誌

法律の沙汰も金しだい!?

永瀬 さらさ

同じジャンルの本

永瀬 さらさ