拡大

ついに完結! 秋の椿屋敷、仲良し偽夫婦の出した答えは?

契約結婚はじめました。 5

~椿屋敷の偽夫婦~

  • 550円+税
  • 2019年10月18日発売

早咲きの椿が、ぽつりぽつりと庭を明るくしている。

<椿屋敷>に住む香澄と柊一は、ワケあって結婚した“偽夫婦”である――とはいうものの。香澄が柊一への気持ちを自覚したことで、ついに……。もちろん柊一も、ずいぶん前から香澄のことを憎からず想っているのだ。柊一のもとには今日も今日とて客人が絶えない。七変化椿、もうひとつの椿屋敷…!? 三者三様の夫婦のあり方にふれ、ふたりは関係を見つめなおし――。

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』『後宮の烏』シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

201806契約結婚はじめました。3

契約結婚はじめました。3~椿屋敷の偽夫婦~

椿屋敷、まさかの三角関係、勃発か……?

白川 紺子

下鴨アンティーク1

下鴨アンティークアリスと紫式部

アンティーク着物・小物をめぐるミステリー

白川 紺子

契約結婚2

契約結婚はじめました。2~椿屋敷の偽夫婦~

築六十余年の古屋敷が語る、ふんわりご近所事件簿

白川 紺子

後宮の烏 6

宿命が心を惑わせ、運命が魂を呼び戻す

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子