拡大

生者のエネルギーが死者を「成仏」させる!? 

きみが逝くのをここで待ってる

~札駅西口、カラオケあまや~

  • 570円+税
  • 2019年9月20日発売

(ああ、やっぱり)
佐久和仁は、表情には出さず、内心でそう思った。

新歓コンパで行ったカラオケ店には、生首が転がっていた。「お客様、もしかして、視えてます?」話しかけてきた店長・花宮からここで働くよう誘われた和仁。この店は、この世にとどまっている霊を集めて、あの世に送り出す場所らしい。花宮も「視える」人間のはずだが、常に和仁の傍にいる土色の男の霊については詮索してこない。ここで働くことにした和仁だが…?

著者プロフィール

乃村 波緒

のむら なみお

2018年ノベル大賞佳作受賞。受賞作を改題した『ナヅルとハルヒヤ 花は煙る、鳥は鳴かない』でデビュー。緑色と美味しいものとロシア語が好き。

関連書籍

201901月刊ナヅルとハルヒヤ 花は煙る、鳥は鳴かない

ナヅルとハルヒヤ花は煙る、鳥は鳴かない

花煙草の煙。それは限りなくやさしい、毒――。

乃村 波緒

同じジャンルの本

乃村 波緒