拡大

京都を彩る花鳥猫。水にまつわるあやかし事鎮め、じんわり優しい3つの物語――!

京都伏見は水神さまのいたはるところ

雨月の猫と夜明けの花蓮

  • 590円+税
  • 2019年9月20日発売

さらりとした心地よい春の日と、一足早い夏日が、交互に訪れるのが京都の五月だ。

過保護な幼馴染みの拓己と水神さまのシロに世話を焼かれながらの京都・伏見暮らしも早や半年。高校二年生になったひろは進路に悩んでいた。そんなある日、親友である陶子の様子がいつもと違うことにひろは気づく。快活な親友に元気のない理由、それは……? 光眩しい初夏から盛夏の京都を彩る、花鳥猫。水にまつわるあやかし事鎮め、じんわり優しい3つの夏物語。

著者プロフィール

相川 真

あいかわ しん

4月17日生まれ。京都出身。第2回みらい文庫大賞優秀賞受賞。『ハロウィン★ナイト ウィッチ・ドールなんか大キライ!!』にてデビュー。既刊に『ハロウィン★ナイト』シリーズ、『青星学園★チームEYE-Sの事件ノート』シリーズ、『明治横浜れとろ奇譚』シリーズ、『君と星の話をしよう』がある。

関連書籍

201809京都伏見は水神さまのいたはるところ

京都伏見は水神さまのいたはるところ

いつもそこにいて守ってくれる……あなたは誰?

相川 真

明治横浜れとろ奇譚1

明治横浜れとろ奇譚堕落者たちと、ハリー彗星の夜

三人の堕落者たちの優雅(?)な怪奇事件帳

相川 真

201902美酒処ほろよい亭

美酒処 ほろよい亭日本酒小説アンソロジー

人生の酸いも甘いも、すべて醸して美味しくのもう。

前田 珠子桑原 水菜響野 夏菜山本 瑤丸木 文華相川 真

明治横浜れとろ奇譚2

明治横浜れとろ奇譚堕落者たちと、開かずの間の少女

三人の堕落者たち、女学生を救わんと奔走す。

相川 真

同じジャンルの本

相川 真