拡大

神さまが派遣してくれた「飯友」の正体は…⁉︎

ハケン飯友

僕と猫のおうちごはん

  • 560円+税
  • 2019年1月18日発売

なんて年明けだ。
こんな酷い一年の始まりが、あっていいものなんだろうか。

仕事始めの朝、出社したら会社が潰れてた。そんな「僕」こと坂井寛生が神社でお賽銭を奮発して頼んだ願いごとのひとつめは「そこそこの新しい仕事が見つかりますように」、そしてもうひとつは「一緒に飯が食える、気楽な仲間が見つかりますように」。願い事を神社で拝んだその晩、夕ごはんの準備をする寛生の前に、人間の言葉を喋る猫が現れて……。

著者プロフィール

椹野 道流

ふしの みちる

2月25日生まれ。四緑木星・魚座のO型。兵庫県在住。元監察医。「奇談シリーズ」「鬼籍通覧シリーズ」(講談社)ほか、「メス花シリーズ」(二見書房)、「ローウェル骨董店の事件簿シリーズ」、「最後の晩ごはんシリーズ」(KADOKAWA)など著作多数。

関連書籍

ハケン飯友僕と猫のごはん歳時記

君さえいれば、毎日がごちそう日和

椹野 道流

時をかける眼鏡 華燭の典と妖精の涙

時をかける眼鏡華燭の典と妖精の涙

学生遊馬が、幻の宝物を求めた先で見たものは…。

椹野 道流

時をかける眼鏡眼鏡の帰還と姫王子の結婚

少なくとも今は、ここが僕のいるべき場所なんだ。

椹野 道流

時をかける眼鏡1

時をかける眼鏡医学生と、王の死の謎

法医学者がリアルな知識で描くタイムスリップ法医学ミステリー

椹野 道流

同じジャンルの本

椹野 道流