拡大

愚かだね。人間は――――――。

小説 不能犯

墜ちる女

  • 560円+税
  • 2019年1月18日発売

この世は情報に溢れている。

犯罪を意図した行為でもその実現が不可能であれば、罪に問われない。これを『不能犯』という――。デリヘルで働いていた夏美は、OLと偽り参加した婚活パーティーでエリート会社員の雅之と知り合い、婚約に漕ぎつける。だが、雅之と暮らす部屋に、彼の後輩が遊びに来た日から、夏美の人生は転落の一途を辿り…? 人気マンガ「不能犯」のスピンオフ小説、第二弾!

著者プロフィール

ひずき 優

ひずき ゆう

2月6日生まれ。横浜出身。『REAL×FAKE』で2007年度ロマン大賞を受賞し、受賞作を改題した『キミのいる場所/-REAL×FAKE-』にてデビュー。主な作品に『アルカサルの恋物語』シリーズ、『書店男子と猫店主』シリーズ、『相棒は小学生 図書館の少女は新米刑事と謎を解く』などがある。

関連書籍

映画ノベライズ ひるなかの流星

ひるなかの流星映画ノベライズ

大人気少女コミックの実写映画が小説に!

ひずき 優

原作・やまもり 三香

そして、アリスはいなくなった

そして、アリスはいなくなった

ひとりよがりな僕らが、どうしても守りたかったもの。

ひずき 優

201904月刊昭和ララバイ

昭和ララバイ昭和小説アンソロジー

さよなら平成、ようこそ令和、今こそ昭和

ゆきた 志旗ひずき 優一穂 ミチ相羽 鈴

書店男子と猫店主の長閑なる午後

書店男子と猫店主の長閑なる午後

あなたの記憶、お返しします――。

ひずき 優

同じジャンルの本

ひずき 優