拡大

花煙草の煙。それは限りなくやさしい、毒――。

ナヅルとハルヒヤ

花は煙る、鳥は鳴かない

  • 570円+税
  • 2019年1月18日発売

「先生」
「はい」
「その花を、そのように咥えてはなりません。毒です」

毒がなければ生きていけないと言った「先生」についていったナヅル。彼はなぜ、いま帰ってきたのか――。生まれ育ったマキヨノで、仕事も、愛する女性も得たハルヒヤ。懐かしい友人、ナヅルとの再会を喜んだものの、彼が「花煙師」になったと知る。ナヅルがいない間に、マキヨノでは花煙師の出入り禁止が決まったのだ。複雑な思いでナヅルと接するハルヒヤだったが…。2018年ノベル大賞佳作受賞作!

著者プロフィール

乃村 波緒

のむら なみお

2018年ノベル大賞佳作受賞。受賞作を改題した『ナヅルとハルヒヤ 花は煙る、鳥は鳴かない』でデビュー。緑色と美味しいものとロシア語が好き。

関連書籍

2019年9月刊きみが逝くのをここで待ってる

きみが逝くのをここで待ってる~札駅西口、カラオケあまや~

生者のエネルギーが死者を「成仏」させる!? 

乃村 波緒

同じジャンルの本

乃村 波緒