richard_SS_

拡大

南仏プロヴァンスで、正義とリチャードの宝探しが始まる!

宝石商リチャード氏の謎鑑定

夏の庭と黄金(ドール)の愛

  • 620円+税
  • 2018年12月18日発売

どうして美しいものは悲しいの?

リチャードの母カトリーヌが正義に会いたがっているという。謎の少女オクタヴィアの思惑を案じ、正義はリチャードと共に、カトリーヌが夏のバカンスで滞在している南仏プロヴァンスの屋敷を訪ねる。到着したリチャードと正義に、カトリーヌは敷地に隠された三十二個の石を探し出すゲームをするよう要請してきて……? 大人気ジュエルミステリー、第8弾!

著者プロフィール

辻村 七子

つじむら ななこ

9月24日生まれ。神奈川県出身。『時泥棒と椿姫の夢』で2014年度ロマン大賞受賞。受賞作を改題・加筆改稿した『螺旋時空のラビリンス』で文庫デビュー。

関連書籍

宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ

宝石商リチャード氏の謎鑑定導きのラピスラズリ

それは「愛」なのか、「呪い」なのか--。

辻村 七子

201802マグナ・キヴィタス

マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年

「せめて血の色くらいは赤が良かったな」

辻村 七子

201806宝石商リチャード氏

宝石商リチャード氏の謎鑑定紅宝石(ルビー)の女王と裏切りの海

「リチャードをたすけて」。正義のもとに届いたメールの意味は!?

辻村 七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 祝福のペリドット

宝石商リチャード氏の謎鑑定祝福のペリドット

「もっとうぬぼれていなさい、中田正義」

辻村 七子

同じジャンルの本

辻村 七子