拡大

遠ざけたい「好き」の気持ちだけが、変わらない…

たとえば君が虚像の世界

  • 610円+税
  • 2018年4月20日発売

頭上には、迫るような満天の星空が広がっている。

高一の栗原星莉は、幼なじみの杉崎颯河にひそかに想いを寄せていた。人気者の颯河に対し、星莉はごく普通の目立たない女子。彼女になりたい気持ちをぐっと押し殺して、颯河と登校できる偶然に喜ぶ日々だった。そんなある日、星莉は自分のノートに、ある書き殴りがされているのを見つける。そこには、「未来のセリ」からの信じられないようなメッセージがあって……!?

著者プロフィール

くらゆいあゆ

くらゆいあゆ

東京都出身。12月3日生まれ。B型。『駅彼―それでも、好き―』で小説家デビュー。『駅恋 Sweet blue』『駅恋 Tinker bell』『駅彼 Very berry』『世界、それはすべて君のせい』などの著書がある。

 

関連書籍

駅彼

駅彼―あと9時間、きみに会えない―

あたしたちは、もうすぐ別れる――。

くらゆいあゆ

世界、それはすべて君のせい

世界、それはすべて君のせい

君と出逢うために、ずっと走ってきたんだ僕は。

くらゆいあゆ

同じジャンルの本

くらゆいあゆ