拡大

月に憑かれた者たちの幻想浪漫譚

月世界紳士録

  • 590円+税
  • 2017年06月22日発売

月面に太陽電池を敷きつめて、地球に電気を送ろうと考える人間がいるこのご時世にランプの話である。

宇宙技術振興推進株式会社――通称STeP。待宵澄雄の異動先は「竹取班」と呼ばれ、月にまつわる民話や伝承などを扱う部署だ。同僚は桂靖久という青年ひとり。その日、竹取班を訪れた宗像という男は、ある蒐集家から寄贈され保管中の古い洋燈『朧月夜』を譲ってくれと言った。『朧月夜』には、嘘をつくと火が消える、という謂われがあり? 月に憑かれた者たちの幻想譚。

著者プロフィール

三木 笙子

みき しょうこ

2008年『人魚は空に還る』(東京創元社)でデビュー。代表作に「帝都探偵絵図」シリーズなどがある。

同じジャンルの本

三木 笙子