拡大

つまずいたら、中目黒(ここ)においで。

中目黒リバーエッジハウス

ワケありだらけのシェアオフィス はじまりの春

  • 590円+税
  • 2017年3月17日発売

チャチャ、チャララー、チャララララララー、チャララチャララチャラララララー。ストーブの上のやかんからシュンシュンと沸く音とユニゾンで、アップテンポのテーマ曲がテレビから流れてくる。

青森から上京した哲太はクリエイター職に就いたが、ブラックぶりに追い詰められ、好きな女性に醜態をさらし−−限界を迎えてドロップアウト。人生に行き詰まり、クリエイターを目指すきっかけになった宗方を捜すうち、中目黒のシェアオフィスに辿り着く。そこでインテリアデザイナーの杢や料理研究家の千奈美と組み、カフェをプロデュースすることに……!?

著者プロフィール

岩本 薫

いわもと かおる

東京都在住。1998年デビュー。「プリティ・ベイビィズ」(新書館)「ロッセリーニ家の息子」(KADOKAWA) 「タフ」(リブレ)「Prince of Silva」(大洋図書)などシリーズ作品のほか、著書多数。集英社オレンジ文庫に『中目黒リバーエッジハウス ワケありだらけのシェアオフィス はじまりの春』がある。

関連書籍

201901月刊秘密のチョコレート

秘密のチョコレートチョコレート小説アンソロジー

いちばん大事なこの思い、このひと粒に託して。

今野 緒雪岩本 薫我鳥 彩子はるおかりの櫻川 さなぎ

同じジャンルの本

岩本 薫