拡大

君は、ここで星を好きになる運命なのです。

君と星の話をしよう

降織天文館とオリオン座の少年

  • 600円+税
  • 2017年03月17日発売

栄田直哉の一番最初の記憶は、二歳半の冬。目の前でちろちろと輝く赤い光だった。

顔の傷が原因で周囲と馴染めず、高校を中退した直哉は、不思議な青年と出会う。「君の顔にはオリオンがいるんですね」傷をそんな言葉で褒めた青年・蒼史は、小学生の妹・桜月と天文館を営んでいた。成り行きで天文館に通ううちに、親とのわだかまりや将来の不安がほどけていく。が、蒼史の友人だという「コガネ」の存在が、蒼史の過去に深く関わっていると知って…。

著者プロフィール

相川 真

あいかわ しん

4月17日生まれ。京都出身。第2回みらい文庫大賞優秀賞受賞。「ハロウィン★ナイト ウィッチ・ドールなんか大キライ!!」にてデビュー。既刊に「ハロウィン★ナイト」シリーズ、「クロねこ七不思議部!!」がある。

関連書籍

明治横浜れとろ奇譚1

明治横浜れとろ奇譚堕落者たちと、ハリー彗星の夜

三人の堕落者たちの優雅(?)な怪奇事件帳

相川 真

明治横浜れとろ奇譚2

明治横浜れとろ奇譚堕落者たちと、開かずの間の少女

三人の堕落者たち、女学生を救わんと奔走す。

相川 真

同じジャンルの本

相川 真