拡大

想いめぐる「香り」ミステリー、完結。

鎌倉香房メモリーズ5

  • 620円+税
  • 2017年03月17日発売

学年末テストが何とか終了して、ほっとしながら帰り支度をしていたら、咲楽さん、と呼びかけられた。

雪弥と気持ちを通わせた香乃は、これから築いていく関係に戸惑ってばかり。さらに雪弥の父母への葛藤、香乃の自分の力に対する思いなど、課題は山積みだけど、花月香房は今日も営業中。贈り物の香木、行方不明の仏像、送り主不明のひな人形、源氏香図で書かれた暗号など、香りにまつわる謎が次々持ち込まれて……。鎌倉を舞台に、香りで紡がれた物語、堂々完結。

著者プロフィール

阿部 暁子

あべ あきこ

岩手県出身。『陸の魚』で雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選。『いつまでも』で2008年度ロマン大賞受賞。集英社オレンジ文庫に『鎌倉香房メモリーズ』シリーズ(全5冊)、コバルト文庫に『屋上ボーイズ』(『いつまでも』改題)、ノベライズ『ストロボ・エッジ』『アオハライド』シリーズがある。

関連書籍

鎌倉香房メモリーズ3

鎌倉香房メモリーズ3

季節は巡り――想い深まる「香り」ミステリー

阿部 暁子

鎌倉香房メモリーズ1

鎌倉香房メモリーズ

心を読み解く、あの日の香りミステリー

阿部 暁子

鎌倉香房メモリーズ4

鎌倉香房メモリーズ4

冬の鎌倉。温もりの「香り」ミステリー

阿部 暁子

鎌倉香房メモリーズ2

鎌倉香房メモリーズ2

夏の鎌倉。思い出癒す、「香り」ミステリー。

阿部 暁子

同じジャンルの本

阿部 暁子