拡大

それは「愛」なのか、「呪い」なのか--。

宝石商リチャード氏の謎鑑定

導きのラピスラズリ

  • 590円+税
  • 2017年2月17日発売

あれからずっと、リチャードの言葉が、体の中を駆け巡っている。血管を流れる血の中に、あいつの声が混じりこんでしまったように。

銀座の店「エトランジェ」を閉め、正義の前から姿を消してしまったリチャード。新たな店主として現れたリチャードの師匠、シャウルから情報を得た正義はイギリスへと向かう。リチャードの秘密の原因となった何かがある国へ。旅の途上、リチャードの親族と名乗る男ジェフリーが正義に近づいてきて? 美しき宝石商を苦しめる過去の因縁と、「正義の味方」の決断は!?

著者プロフィール

辻村 七子

つじむら ななこ

9月24日生まれ。神奈川県出身。『時泥棒と椿姫の夢』で2014年度ロマン大賞受賞。受賞作を改題・加筆改稿した『螺旋時空のラビリンス』で文庫デビュー。

関連書籍

201802マグナ・キヴィタス

マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年

「せめて血の色くらいは赤が良かったな」

辻村 七子

【単行本】宝石商リチャード氏の謎鑑定公式ファンブック エトランジェの宝石箱

ファン待望、公式ファンブック刊行!

辻村 七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン

宝石商リチャード氏の謎鑑定天使のアクアマリン

美しき宝石商の、秘された過去とは――?

辻村 七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 久遠の琥珀【アクリルスタンドつき限定版】※予約限定生産

「俺は宝石商にはなれないと思います」

辻村 七子

辻村 七子