拡大

本当に恐ろしいのは鬼か人か―――

カスミとオボロ

大正百鬼夜行物語

  • 530円+税
  • 2016年6月23日発売

蟻が蝶の死骸を運んでゆく。

時は大正。坂之上伯爵家の令嬢・香澄は、退屈な日常にうんざりしていた。そこへ現れたのは、代々祀ってきた悪路王。香澄は彼に朧という名を与えることで、主従関係を結んでしまった。少年の姿をした朧は、世の中にはびこる鬼を喰らって力を得るという。腹をすかせた朧のために、香澄は街へ出かけてみたのだが…? 煌びやかな華族世界を舞台に描く、あやかし事件簿!

著者プロフィール

丸木 文華

まるき ぶんげ

埼玉県出身。6月23日生まれ。B型。BL、乙女の小説、ゲームシナリオを中心に活動中。蝶と和柄と魚卵が好き。集英社オレンジ文庫に「カスミとオボロ」シリーズ、『小説家・裏雅の気ままな探偵稼業』がある。

関連書籍

カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む

カスミとオボロ春宵に鬼は妖しく微笑む

このつまらぬ世の中に、ひとときの桃源郷を。

丸木 文華

小説家・裏雅の気ままな探偵稼業

小説家・裏雅の気ままな探偵稼業

僕の奇妙で可愛い真珠姫……君のうつろな心に僕の謎解きはいるかい?

丸木 文華

201811誰にも言えない

誰にも言えない

恐るべき美少女たちによる、汚れなき悪意の饗宴…!

丸木 文華

同じジャンルの本

丸木 文華