拡大

謎解きの鍵は、名作文学。

倫敦千夜一夜物語

ふたりの城の夢のまた夢

  • 590円+税
  • 2016年04月20日発売

サラの午後の仕事は、返却された本の回収から始まる。貸本《千夜一夜 Alf Laylah wa Laylah》では、古びたチェストに手を加えた鍵つきの箱を店先に設置して、利用客が気軽に本を託せるようにしているのだ。

19世紀末・英国。兄アルフレッドとともに貸本屋《千夜一夜》を営むサラの毎日は、ささやかな謎に満ちている。消える蔵書票。店の片隅でひとり涙する少年。そして兄の旧友ヴィクターとともにでかけたピクニックで若い女性の遺体を発見したサラは、やがてロンドンを騒がせる連続殺人事件に深く関わることになり!?名作文学が鍵を握る、ヴィクトリアン・ミステリー!!

著者プロフィール

久賀 理世

くが りせ

水瓶座、A型、東京都出身。東京音楽大学器楽科、ピアノ演奏家コース卒業。 『始まりの日は空へ落ちる』で2009年度ノベル大賞受賞。コバルト文庫に『英国マザーグース物語』などがある。

関連書籍

倫敦千夜一夜物語1

倫敦千夜一夜物語あなたの一冊、お貸しします。

お貸しするのは、本の世界を自由に旅する時間。

久賀 理世

久賀 理世