拡大

江戸名物は、火事と喧嘩と恋文屋!?

貸本屋ときどき恋文屋

  • 550円+税
  • 2016年3月18日発売

君思ひ……あれは、庭の桜が穏やかに咲き始めた春の日のことだった。

貸本屋<ゆうづき>で働くなつは、実は由緒ある武家の生まれ。恋ゆえに出奔した兄を捜すため、単身江戸へ上ったのだ。手がかりは、兄の恋人が版画職人を目指しているということだけ。版画本の作者を調べては、めぼしい人を訪ねる日々だ。ある日、本に興味のない植木屋の小六が歌集を借りていく。恋歌がうまく作れないという彼に、なりゆきで協力することになるが…?

著者プロフィール

後白河 安寿

ごしらかわ あんじゅ

512日生まれ。神奈川県出身・在住。『キョンシー・プリンセス~乙女は糖蜜色の恋を知る〜』で2012年度ノベル大賞読者大賞受賞。201310月、同作品が文庫化され、デビュー。集英社オレンジ文庫に『貸本屋ときどき恋文屋』『映画ノベライズ 町田くんの世界』がある。

関連書籍

201904月刊町田くんの世界_帯

映画ノベライズ 町田くんの世界

この世界は悪意に満ちている。でも――町田くんがいる。

後白河 安寿

原作・安藤 ゆき

201907月刊御朱印ガール

鎌倉御朱印ガール

宇賀神羽美、十六歳。神様のケンカに巻き込まれました。

後白河 安寿

同じジャンルの本

後白河 安寿