拡大

三人の堕落者たちの優雅(?)な怪奇事件帳

明治横浜れとろ奇譚

堕落者たちと、ハリー彗星の夜

  • 570円+税
  • 2015年3月20日発売

明治四十三年、五月。横浜、伊勢佐木町は芝居小屋やキネマ館が立ち並ぶ一大歓楽街だった。

時は明治末期、ハリー彗星騒動におののく横浜。役者の寅太郎、画家の谷、浪漫研究家の有坂は
定職にもつかず周囲を呆れさせている「堕落者(=フリーター)」たち。「富国強兵」なんのその、
お国の役に立たない夢野望に邁進している三人だったが、行きがかり上首を突っ込んでしまった
ハリー彗星退治をきっかけに、横浜に蠢く面妖怪奇な陰謀に巻き込まれることに…!?

著者プロフィール

相川 真

あいかわ しん

4月17日生まれ。京都出身。第2回みらい文庫大賞優秀賞受賞。『ハロウィン★ナイト ウィッチ・ドールなんか大キライ!!』にてデビュー。既刊に『ハロウィン★ナイト』シリーズ、『青星学園★チームEYE-Sの事件ノート』シリーズ、『明治横浜れとろ奇譚』シリーズ、『君と星の話をしよう』がある。

関連書籍

201902美酒処ほろよい亭

美酒処 ほろよい亭日本酒小説アンソロジー

人生の酸いも甘いも、すべて醸して美味しくのもう。

前田 珠子桑原 水菜響野 夏菜山本 瑤丸木 文華相川 真

201809京都伏見は水神さまのいたはるところ

京都伏見は水神さまのいたはるところ

いつもそこにいて守ってくれる……あなたは誰?

相川 真

2019年9月刊京都伏見は水神さまのいたはるところ3

京都伏見は水神さまのいたはるところ雨月の猫と夜明けの花蓮

京都を彩る花鳥猫。水にまつわるあやかし事鎮め、じんわり優しい3つの物語――!

相川 真

君と星の話をしよう

君と星の話をしよう降織天文館とオリオン座の少年

君は、ここで星を好きになる運命なのです。

相川 真

同じジャンルの本

相川 真