拡大

絵画の謎を読み解く美術ミステリー!

異人館画廊

盗まれた絵と謎を読む少女

  • 560円+税
  • 2014年2月25日発売

遺言ともいうべき、祖父が孫娘の千景に遺していった手紙には、それだけしか書かれていなかった。

独自の意味を背景や小物として描きこんだ絵画=図像(イコン)。英国で図像学(イコノグラフィー)を学んだ千景は、画廊を経営する祖父の死に際し帰国するが、ある図像を鑑定するように依頼され…。

著者プロフィール

谷 瑞恵

たに みずえ

三重県出身。『パラダイス ルネッサンス』で1997年度ロマン大賞佳作入選。コバルト文庫『伯爵と妖精』シリーズ、集英社文庫『思い出のとき修理します』シリーズ、最新単行本は『木もれ日を縫う』集英社刊。他、著書多数。

関連書籍

猫だまりの日々201712

猫だまりの日々猫小説アンソロジー

人生は、悲喜もふもふ。

谷 瑞恵椹野 道流真堂 樹梨沙一穂 ミチ

異人館画廊2

異人館画廊贋作師とまぼろしの絵

呪いの絵画をめぐる美術ミステリー

谷 瑞恵

201712異人館画廊5

異人館画廊失われた絵と学園の秘密

呪いの絵画に隠された、学園の秘密とは――!?

谷 瑞恵

異人館画廊幻想庭園と罠のある風景

呪いの庭園に隠されたのは、過去の幻影。

谷 瑞恵

同じジャンルの本

谷 瑞恵