新刊情報

新刊発売情報! 8月刊発売中!

8月20日(木)新刊5冊が発売になりました!
各書籍のページで試し読みもご覧いただけます。ぜひご覧ください。

瑚池 ことり『リーリエ国騎士団とシンデレラの弓音 ―翼に焦がれた金の海―』
〈戦争〉にかわり〈戦闘競技会〉が、国々の命運を決するようになり三百年。リーリエ国騎士団員のニナは、かつて自分を拉致した異形の騎士ガウェインの遺品を持っていたせいで恋人のリヒトとすれ違ってしまう。そんな中、女騎士でもある王女ベアトリスに誘われ、私的な競技会が盛んな南方地域へ赴くことに。そこでニナは、メルという不思議な少女と出会うが…?

永瀬 さらさ『法律は嘘とお金の味方です。3 京都御所南、吾妻法律事務所の法廷日誌』
剛胆かつ敏腕、そしてお金に汚い弁護士・吾妻正義の孫つぐみは、嘘をついている人の顔が歪んで見える特殊な能力を持つ女子高生。正義の許に来る依頼は難物ばかり。”勝手に婚姻届を出された男とその婚約者を巡る偽装結婚疑惑”、”偏屈な老人と母子家庭の間に起きたご近所騒音問題”、そして、放火犯へ執拗につきまとう記者の名誉毀損問題は、草司の過去にも絡んできて…?

愁堂 れな『許せない男 ~警視庁特殊能力係~』
指名手配犯を記憶して探し出す「見当たり捜査」に携わる新人刑事の麻生瞬。同じ捜査一課の小池が、何者かに襲撃され、重傷を負う事件が起こる。立て続けに、瞬の直属の上司である徳永に爆弾の小包が届いた。三年前までコンビを組んでいた徳永と小池に対し、逆恨みしている人物がいる…? 一度見た顔は絶対に忘れない瞬は、徳永の周囲にいるはずの犯人を探すことに!

はるおかりの『九天に鹿を殺す 煋王朝八皇子奇計』
中原の覇者・煋王朝では、皇帝の崩御とともに、次代の玉座を巡り八人の皇子が争う「九天逐鹿」が幕を開ける。審判役である女帝の勅命のもと、蠱鬼を狩り、兄弟を陥れて、至尊の位にたどり着くのはただ一人。卑劣な奸計が蠢き、情を断ち切れぬ者から滅びていく。凄惨な戦いを潜り抜け、最後に笑うのは果たして誰なのか――。圧倒的な世界観で綴る、中華謀略譚。

仲村 つばき『ベアトリス、お前は廃墟の鍵を持つ王女』
王族による共同統治が行われる国イルバス。王女ベアトリスは王宮を離れ、辺境で工業生産に明け暮れていた。尊大な兄アルバートと狡猾な弟サミュエルに挟まれ、二人の対立を回避するために引きこもっていたのだ。だが周辺国の情勢が悪化し、ベアトリスは政治的決断を迫られる。彼女の手には、賢帝と名高い祖母から受け継いだとある「切り札」が握られていた……。

カテゴリー