拡大

私は私! 弱小ダンス部のキラキラDays!

Bling Bling

ダンス部女子の100日革命!

  • 590円+税
  • 2021年5月20日発売

「はぁ、はぁ……あと…ちょっと……」
 駅から学校へ続く坂道を、自転車で走っていた。

高校に入ったらダンス部に入ろうと思っていた星(あかり)。しかし入学した高校にダンス部はなかった。ないなら作っちゃえ!と一念発起、創部して1年あまり。夏の大会で踊るための曲を探しているとき、偶然ネットで見つけた「Bling Bling」という歌に星は夢中になる。「自分のstyleで行こう Bling Bling Bling/良いと思ったものに Feel Feel Feel/誰かになる必要はない/私は私の時が完璧 Oh Oh」どうにかしてこの歌を作った人に会って、この歌で踊らせてほしい・・・! その一心で手がかりを探す星に奇跡が。駅前の広場で「Bling Bling」を歌うストリートミュージシャンの少女・詩(うた)と出逢うのだ。「あなたの歌が好き!」なりふり構わず少女に駆け寄る星だったが・・・!? 雑誌「Seventeen」のダンス部企画とコラボ! 今注目度ナンバーワンのガールズシンガー三阪咲が作詞作曲した「Bling Bling」の世界観をベースにした、ダンス部女子たちの笑顔と涙が弾ける友情&青春物語!

著者プロフィール

相羽 鈴

あいば りん

7月25日生まれ。獅子座。O型。新潟県生まれ。北海道在住。「1000キロくらいじゃ、涙は死なない」で2007年度ノベル大賞受賞。集英社オレンジ文庫に『函館天球珈琲館』、『イケメン隔離法』がある。

関連書籍

201805イケメン隔離法

イケメン隔離法

20××年、謎のウィルス蔓延でイケメン滅亡の危機!?

相羽 鈴

201907月刊鎌倉男子そのひぐらし

鎌倉男子 そのひぐらし材木座海岸で朝食を

材木座海岸を駆ける、男子3人の青春ダイアリー

相羽 鈴

函館天球珈琲館

函館天球珈琲館無愛想な店主は店をあけない

同居人は、星マニアな謎の男・・・!?

相羽 鈴

201904月刊昭和ララバイ

昭和ララバイ昭和小説アンソロジー

さよなら平成、ようこそ令和、今こそ昭和

ゆきた 志旗ひずき 優一穂 ミチ相羽 鈴

同じジャンルの本

相羽 鈴